FC2ブログ
日々感じたことや、回想録など思いつくままに書いています。
  • 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.03
20
(Fri)

一人旅 OR 二人旅? 

以前は海外旅行ばかりだったが、
最近一人で国内旅行にも行けるようになった。
去年は、京都、広島にいった。



京都にいったとき、やっぱり一人旅より仲間といったほうがいいのではないかと思うことがあった。
そのときは京都市のはずれにある鞍馬にいった。
昼過ぎにつき、鞍馬寺の近くのそばやにはいり、山菜そばを食べた。

私は食後の習慣として、自分の口のまわりに何かついていないかを確認する。
食べ方が雑なせいか、食べかすがついていることがある。
いつものように確認しようと思ったが、あいにくその日手鏡をもっていなかった。

洗面所の鏡をみようと、トイレにいくと鏡が置いてなかった。
お店を出ると、すぐそこが鞍馬寺の入り口である。
鞍馬寺の隣にトイレを発見し、再び鏡を探す。
鏡はあったが、白く曇っていて、自分の顔さえも認識できない状態であった。
あきらめて、鞍馬寺にいった。
いつも鏡でチェックしたって、実際食べかすがついていることなんてほとんどないのだ、と思った。
鞍馬寺は山の中にあり、本堂にいくのは、ちょっとしたハイキングであった。
往復で1時間以上かかった。そのときにも何人もの人とすれちがった。

そして叡山電鉄を乗り、地下鉄に乗った。すでに夕方だった。
地下鉄の駅員さんに九条駅への行き方を教えてもらった。
駅員さんの視線を口に感じるような気がして、地下鉄のトイレへいった。

地下鉄のトイレにはちゃんと鏡もあったし、くもってもいなかった。
やたらと明るく、蛍光灯の光が眩しかった。

鏡で、自分の顔を見た。くちびるに1センチ大のわかめがついていた。
長時間の間、口についていたため、乾燥してカピカピになっていた。
私はそのわかめをピリピリとはがした。
わかめとくちびるが一体化していて、まるでくちびるの皮をむいているようだった。
そのわかめは昼の山菜そばのものだった。
私はほぼ半日、わかめをくっつけていた状態で歩いていた。
わかめをくっつけて何人と話をしたのだろうか?
そしてくちびるについているものを何だと思ったのだろうか?ほくろか?
教えてくれればいいのに・・・

こんなときに、一人旅ではなく、仲間がいる旅はよいなと思う。
そう、口に海草的なものがついているときに、注意してもらえるからね。

スポンサーサイト

コメント

No title 

ちょ!
手鏡を所持することをおすすめしますよ。
私は必ず手鏡所持ですよ。
だって!!わかめくっつけたくないもん(笑

Re: No title 

そうなんです。いつもは、手鏡って持っているんですよ。
その日は、旅行かばんをロッカーに預けたのですが、
そっちのかばんにいれてしまってました。
そのうえ、トイレの鏡が2回もみられなかったし、
これって仕組まれた罠か?と思いました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kurururu.blog14.fc2.com/tb.php/46-b7754a63

 | ホーム | 
プロフィール

るるる

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログリスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。