FC2ブログ
日々感じたことや、回想録など思いつくままに書いています。
  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.01
29
(Sun)

私には霊感がない 

わたしには霊感がない。
そんなことをいうと、期待はずれといわんばかりにがっかりする人がおおい。サービス精神旺盛な自分だが、残念ながらその期待にこたえることはできない。
当たり前ながら人のオーラは見えるはずはないけども
人の雰囲気はよくみている。

わたしが、むかしアルバイトをしていた地元のコンビニには
とても暗い雰囲気をもった男性がいた。
性格が暗いというわけではないのだが、
体から発するオーラのようなものが暗かったのだ。
わたしは彼を見るたびに、嵐の前のどんよりとした雲を連想せずにはいられなかった。
しかもその彼は大学生だったはずだが、
わたしには30才はすぎているようにしか見えた。

そんな彼を先日みかけた。
地元の駅のホームをあるいていたときに
わたしは、突然になにか嫌な暗い気配を感じた。
これは一体なんだろうかと、あたりを見回すと、
彼がすぐ近くにいたのだった。
わたしは彼に見つからないように、その場を去った。

彼をみて思い出したことがあった。
わたしはなぜか彼とバイト帰りにのみにいったことがあった。
そのときに、彼は暗い雰囲気のなかで何かを話していたが、
どういった話の流れかはわからないが、こんなことを言った。
「自分の元彼女が自殺したんだ。」と話した。
そんな重苦しい告白をわたしはげらげらと笑いながら聞いていた
そして、彼は知り合いに彼女の死はおまえのせいではないかと言われたと言う。
それに対しわたしは「そうかもしれないですね。」とにこにこと答えた。
わたしはてっきり冗談だと思っていた。

このまえ、彼をみて思ったのは
もしかしてあの話は本当だったのかもしれないいうことだった。
あの雰囲気はただならぬ暗さだった。
普通の人間はあそこまではなかなかなれない。

それにしてもいくら冗談と思ったとはいえ、
元彼女が自殺したという言葉をげらげら笑いながら聞くとは
どういう神経なんだろうか。
あれ以来たしか、彼はわたしにあまり話し掛けてこなくなったと思う。


私には霊感がない。
だけどもこれはもしかしてと思うことが以前あった。

仕事の用事で会社の近くの郵便局にいく機会が週に1回あった。
いつものように郵便局へ向かったのだ。
いつもと同じ風景、だけどもその日は
突然どこか遠い昔にこの風景をみたような気がしてきた。
これが世にいうデジャヴュってものなのかしらん。
めまいがしてきた。

目の前の風景が一変した。記憶がよみがえってきた。
それは5年以上前だった。
私はその当時受験生だった。
第一志望の大学の入試試験を受けにいく途中に
道に迷ってこの郵便局まできたのだ。
近くを歩いている人に「○大学はどこですか?」と聞いた。
その人は唖然としていた。あまりにも、正反対の方向だったからだ。
結局1時間くらい時間のロスがあった。
試験時間には2時間くらい余裕を見ていたので間に合った。
だけど結局縁がなかったのか試験には落ちた。

そう、そんなことがあったこの道だった。
1年も通っていながらそれに気付かなかったなんて。
やっぱり私には霊感がない。

スポンサーサイト

コメント

人生はわからない 

こんばんは。遅くなりましたが今年もよろしくお願いします。

ところで、六本木ヒルズの会員制レストランで職場の会食とは、やはり都会のOLさんですね。

人生はわかりません。20年前にはラブホの受付をしていた知り合い(というか友人というか)が今やヒルズ族です。

少し前のVERYで「子どもが生まれたのでヒルズが便利かとこちらに住むことになりました」と語られていたお姉さんがおられましたが、1年後のるるるさんでないと誰がいえましょうか!

今年も危なくない範囲でトッピナ行動を期待しております。

わからないものですね 

こちらこそ今年もよろしくお願いします。

確かに人生はわからないと思います。
ホリエモンだって、あんなことになってしまったし。誰が予想できたでしょう。
ちなみに住むのにはヒルズはちょっと嫌味なので麻布十番あたりがいいです。

>今年も危なくない範囲でトッピナ行動を期待しております。
そうそう、現在次の旅行を計画中なのですが、おそらくトラブル頻度が高そうな国になりそうです。自ら危ない方向にいかないように注意したいと思います。エレナさんもどうか覚悟を。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kurururu.blog14.fc2.com/tb.php/25-5c491aa6

 | ホーム | 
プロフィール

るるる

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログリスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。