日々感じたことや、回想録など思いつくままに書いています。
  • 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04
21
(Tue)

ニューヨークのとけない魔法 

という本を読んだ。
ニューヨーク在住の筆者が現地の人々との心の交流を描くエッセイ。

その本の冒頭でのエピソードがこんな感じだった。
筆者がNYの自宅でピアノを弾いていたときに、
インターフォンのベルがなり、玄関に向かうと郵便配達の女性が郵便物を持って立っていた。
郵便ならば、ポストにおいておけばいいのにどうしたのかと思っていると、
「あなたのピアノの音色があまりにきれいで、思わずベルを鳴らしてしまったの」
と女性がいった。



続きを読む »
スポンサーサイト
2009.02
07
(Sat)
みなさま、大変遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

旧年はほとんど更新することもなくおわってしまいました。
それにもかかわらず、定期的に遊びに来ていただいた方々ありがとうございます。

今年こそはブログを更新したいと思ってます。
こんな酔狂なことを申し上げたのも理由がありまして、
脳のトレーニングがしたくなったということです。
昨今、いくつかの本を読むと、ブログを更新することは、脳トレによいというのを読んだからです。
思えば週1で日記を更新していたときは、すくなくともいまよりは、頭の回転が今よりよかったような気がします。
最近周りの人たちと会話していても、頭がついていけないのです。
これは単なる老化現象なのでしょうか。とにかくやばいです。

とはいえ、前のような内容だネタがすぐ尽きるので、自分がふと思いついたことや考えているようなことやを細切れにブログに書こうかと思っています。

内容的には、だから何?ということになりそうですが、あくまで自己満足的な感じで
なるべく更新できるようにしたいと思います。
そんなわけでどうぞよろしくお願いします。



2006.05
03
(Wed)

「ところで、血液型は何型?」 

このまえ、この質問を別の人から2回いわれた。
この質問は一体どういう意図で発せられるのだろうか?

一つ目は友人と一泊旅行にいった帰りの電車の中だった。
今回の旅行を振り返り、楽しかったねなどと会話を話していると、
友人が思い出したように、「ねぇ、ところで血液型は何型?」という。
自分の血液型をいうと、「へぇー、、そうなんだ。」と
目を丸くして驚いていた。

なぜこの場でそれを聞かれたのだろうか。
確かに、わたしは宿についてすぐさま「休憩!」と宣言し昼寝をした。
友人がお風呂からでるのをまたず、部屋に帰ろうとしたかもしれない。

2回目に聞かれたのは、会社でだった。
パソコンに向かっていた、隣の同僚が
何の脈略も無く「ところでさあ、血液型は何型?」と聞いてきた。
「何型でしょうか?」と逆に質問してみた。
同僚「一見、O型ぽいけど、実は・・・」
彼女はわたしの血液型を言い当てた。
言い当てられたのは、かなり久々なことだった。

そのあとにやってきた別の同僚が話に入り
同じく、わたしの血液型を当てようとした。
彼女はいった。「A型・・・ではないでしょう?」
彼女はO型、B型、A型、AB型のうち、まっさきにA型を切り捨てたのであった。

で、わたしはA型である。
しかもわたしは純血のA型である。AA型だということ。

みんなきっと私をからかっているのだろう。
普段の言動や行動、立ち振る舞いを考えれば、火を見るより明らかなはず。
さあ、心の目で見てご覧よ。きっとわかる。答えはひとつ。

そんなわけでわたしは血液型占いがすきだ。
いつでも正しい答えを導き出すはずだから。
ちなみに私の星座はおとめ座よ。
2006.03
12
(Sun)

晴れた日には 

先日友人と一泊箱根旅行にいった。
それなりに楽しかったのだが、
この旅行の最大の反省すべきことは
旅行前に、自分が雨女であることをネタにしすぎたことであったと思う。

続きを読む »
2006.02
03
(Fri)

皆様、ご注意ください 

自分のの唯一の取り柄といえば、すこぶる健康であること。
そんな私が、今週インフルエンザにかかった。
そのため数日寝込むことになった。

いままで有給休暇というものは、旅行のためにすべてつかってきた。
社会にでてウン年というのもの、病欠では使ったことはただの一度もなかった。
それが、このインフルエンザのせいで2日間も有給休暇を使ってしまった。
悔しくて悔しくて、毎晩枕を涙で濡らしている。

本当は3日間くらい休んだほうがよさそうだったのだけど
無理やり会社にいってやりました。
すこし迷惑がられたけども

インフルエンザにかかる前は旅行の計画も立てていたけど
頭がぼんやりとして、今となってはどうでもよくなってしまった。


インフルエンザはかかればすぐにわかるもの。
まず悪寒がやってきてそのあとに関節がいたくなります。(自分の場合ですが)
皆様くれぐれもインフルエンザにお気をつけ下さい。
 | ホーム |  »
プロフィール

るるる

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログリスト