日々感じたことや、回想録など思いつくままに書いています。
  • 06 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 08
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07
26
(Sun)
世間ではすっかり夏休みモードらしい。
今年の夏、たくさんの人が海外にでかけるのだろうとおもう。
燃油サーチャージも安くなったことだし。
でも、私は海外にいく予定がない。
もしかしたら、今年海外にいかずに終わるかもしれないなどと思っている。





数年前は年に2回は行っていた。
そのころには、死ぬまでに、1カ国でも多くの国にいきたいと思っていた。
今はさすがに、そこまでの情熱はなくなってしまった。
とはいえ、今でも旅は私の一番の趣味であるし、まだ行きたい国もある。

ある意味、少し旅と距離を置いた(?)状態で考えると、
自分にとって旅行とは何なのだろうと考えることがある。
最近気づいたのだが、私は旅行に行くと、行ったその国のもっともそれらしい部分に遭遇するような気がする。

中国では、マイペースな人々を目の当たりにし、
ベトナムでは、ぼったくられる。バイクタクシーのうんちゃんと戦う。
イタリアではおじさんにナンパされる。
クロアチアでは、現地の暇なおじさんにガイドしてもらう。

ドイツ人の懇切丁寧さに感動したり、イタリア人の人懐っこいやさしさに心振るえ、
台湾人の日本人に似た部分に共感し、、、という感じで。
これってふつーなんだろうか。

東南アジアなどのトラブル多発地域では、これでもかというほどトラブルの渦中にまきこまれる。
その反対に、温厚な国といわれている国では、やさしい人々による温かい(?)エピソードが生まれる。

バンコクに行ったときにそれを痛烈に実感した。
バンコク旅行記はUPすることを断念した。それには、時間的な問題もあるが、
もっとも大きな原因は、トラブルが多発したため更新するきがなくなったのである。
トラブルの多い旅は精神的に疲れるものだが、旅行記を更新するのも疲れるのであった。

バンコクでは、移動するのに主にタクシーを使った。
ぼったくられそうになったことも数知れなかった。
もっとも怒り心頭だった出来事がある。
バンコクでは有名な海鮮レストラン(ソンブーン)へ行くため、ホテルからタクシーで行こうとした所、
そのレストランに激似の名前の、ぼったくりレストランに連れて行かれてしまった。
途中でおかしいことに気づき、店を出て別のタクシーを捕まえた。
そして、再びそのレストランに連れて行ってもらうつもりであった。だが、何か様子がおかしい。
ついたお店はそれとはまた別のぼったくりレストランであった。いったい何軒その名前が激似のレストランがあるんだ?
私は、結局再び別のタクシーにのり、ホテルへとかえった。
そこでホテルからシクロでレストランにいった

今では笑い話しにこそなるが、現地では結構落ち込むのである。
旅行記でトラブルをネタにしてやってきたものの、
なんかもう正直こういうのは疲れたって感じなのよね。
バンコクというと東南アジアゆえに、トラブルがありそうなイメージはあるものの
バンコクという国際的な都市で、こんなにトラブルに遭っている人間がいるのだろうかと考えた。そこでネットでたくさんの旅行記をみてみると、そんなにトラブル遭っている人なんて見当たらなかった。わりと、快適な旅行をしてるみたいだ。

自分とはいったい何なのだろうと考えた。
というわけで、先ほどのその国のもっともそれらしいエピソードがおきるという結論にいたった。
トラブル多発地域では、明らかになめられている。
善良な国では、弱者に対する優しさということか?
ちょっと自虐的になりましたが。。

そんなことが起きるのも、自分の中で旅行の面白さというのは、
現地の人とのやりとりと思っているところに端を発している。
だからこそ、このような旅になるのだろう。(そんな風に自分をなぐさめる。)

そうそう、そういった点で考えると、ロンドンへの旅行は、
結構つまらなかった。あのロンドンに住んでいる人々は、個人主義的にうつった。
自分は透明人間のようだった。観光客なんてどうでもいい
カップルはお互いだけをみて生きる。家族は家族だけをみて、生きる。
そこに暮らせば、きっと違う感想もでてくるだろうが、
旅行をする人間には、疎外感ばかりであった。

これが長々と脈絡なく書いたが、私の旅行における考察である。

まとまらなくなってきたが、今後あまりトラブルが多発しそうな場所はいかないかもしれないと思っている。でも、イスラム圏はまだいったことがないので、いってみたいが。ほどほどのところがいい。
そういえば、ながらく行きたかった、南イタリア・アマルフィ。ここもたぶんトラブル多発しそうだけど。
今回織田裕二主演の映画の舞台となった。きっと今年来年と、日本人観光客がわんさか訪れることだろう。そうなってしまうと、私は行く気がうせる。
しばらく穴場スポットを探そうと思う。
スポンサーサイト

コメント

クロアチア 

るるるさま、お久しぶりでございます。
るるるさんの旅行記をしっかりと読み込み
先日ついにクロアチア旅行に行ってきました。
帰りはザグレブ→フランクフルトのフライトが遅れて乗り継げないというハプニングもありましたが、無事帰ってこれました。治安は良いとは聞いてましたが、想像以上に良かったです。交通の便がよいとはいえないクロアチアに一人旅をするるるるさんに改めて尊敬の念を示します。旅行中も夫婦で「るるるさんってすごいよね~」ってたびたび言ってました。すでに2回分の過去の旅行が溜まってますが、新しいクロアチアから更新していこうと思ってます(^-^;

Re: クロアチア 

マダム~、お久しぶりでございます。

今年は、クロアチアだったんですね。念願でしたよね。クロアチアどうでした?
治安はヨーロッパの中ではクロアチアは相当いいですね。夜に出歩いて大丈夫という国はそうそうないと思います。

>旅行中も夫婦で「るるるさんってすごいよね~」ってたびたび言ってました。
旅行中にまで、わたくしのことが話題になるなんて、お恥ずかしい限りです
私にとっては、一人で行動することも、集団で行動することも、精神的には大差ないことなんですが。。

旅行記楽しみにしてます♪ ダンディ「K」様にもよろしくお伝えください。


クロアチア 

るるるさま、こんばんは!
今年はまだ海外に旅立たれてないのですね。
るるるさんが次はどの国を選択するか
非常に気になるA&Kなのであります。
今回のブログを読んで、るるるさんはいろいろなトラブルに遭われてるんだとなぁと。私たちなんてまだまだアマちゃんです。勉強させていただきます。

念願のクロアチア!クロアチアの治安は本当によいですね。首都のザグレブにだけ若干の不安はあるものの他の町は問題なく夜普通に出歩ける感じでした。夜の10時を過ぎても小さな子供が外で普通に遊んでたりしてるのにはびっくりしました。夏休みだから特別かもしれませんが。とにかく素敵な町でした。またいつか訪れたい国です。

るるるさんですが、実は、、、旅行のたびに名前が挙がってます。一人旅の女性の方を見かけると必ず「るるるさんじゃない?」と言うのが私たちのたびの決まり?になってます(笑)。違うと分かってるのですが毎回言ってます。くれぐれも名前使用料は請求しないでください(笑)。今回はクロアチアだったのでたくさん出現しました。るるるさんが泊まったイヴォさんの部屋はこの辺りか?とか・・・。
思いつくままに長々と書いてしまいました。ごめんなさい。書いてたら長くなってしまいました。

Re: クロアチア 

マダム、こんばんは。

> るるるさんが次はどの国を選択するか
> 非常に気になるA&Kなのであります。
はあ、そうですか。私にとっては、お二人が行かれる国に興味があります。
お二人が行く国って渋い感じのところが多いですよね。
ミーハーな感じのイタリアとか行かなそうに思います。

>私たちなんてまだまだアマちゃんです。勉強させていただきます。
勉強しなくていいです。安全で楽しい旅行を!
私の場合は、NO TROUBLE, NO TRAVELですけど。

クロアチアの夏はほんとすばらしいと思います。地中海の恩恵をうけてますよね。
ヨーロッパ中からバカンスの人たちが訪れて、浮かれムード漂っています。

> るるるさんですが、実は、、、旅行のたびに名前が挙がってます。一人旅の女性の方を見かけると必
>ず「るるるさんじゃない?」と言うのが私たちのたびの決まり?になってます(笑)。
もしや、と思ったら話しかけてみてください。
私の分身はときたまヨーロッパを駆け回っていますので。(妄想のなかで)
名前の使用は、ご自由にどうぞ。個人的なご利用に限りますが(笑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kurururu.blog14.fc2.com/tb.php/56-309645ac

 | ホーム | 
プロフィール

るるる

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログリスト